株式会社山辺ホームページ
山辺デジタルパーツプラットフォーム
ねじの技術資料内からキーワードで検索
トップページ  >  メッキ/表面処理 技術  >  ディスゴ処理 トップ

ディスゴ処理 塗り重ね性

試験目的
ディスゴ処理面に他塗料を塗り重ねた場合の密着の状態を評価する。
 
試験方法
・ディスゴ処理仕様
サンドブラスト処理した 70X150X1mm 鋼板にスプレー塗装にてディスゴ処理 (低温焼付型・重防食型)を行う。
・上塗り塗装 (塗り重ね)
上記のディスゴ処理面に、フタル酸樹脂塗料及び2液型エポキシ樹脂塗料をハケ塗りにて、それぞれ10μm、30μm及び50μm程度になるよう塗り重ねる。
・塗り重ね性試験方法
上塗り後7日間常温にて乾燥後、2mm幅・100マスのゴバン目テープテストを行い剥離の状態を評価する。
 
<試験結果>
塗り重ね条件
塗り重ね性(密着性) 試験結果
上塗塗装
膜厚(狙い値)
仕様(1)低温焼付型
仕様(2)重防食型
フタル酸樹脂塗料
10μm
フタル酸樹脂塗料 10μm 低温焼付型 フタル酸樹脂塗料 10μm 重防食型
30μm
フタル酸樹脂塗料 30μm 低温焼付型 フタル酸樹脂塗料 30μm 重防食型
50μm
フタル酸樹脂塗料 50μm 低温焼付型 フタル酸樹脂塗料 50μm 重防食型
エポキシ樹脂塗料
10μm
エポキシ樹脂塗料 10μm 低温焼付型 エポキシ樹脂塗料 10μm 重防食型
30μm
エポキシ樹脂塗料 30μm 低温焼付型 エポキシ樹脂塗料 30μm 重防食型

50μm

エポキシ樹脂塗料 50μm 低温焼付型 エポキシ樹脂塗料 50μm 重防食型
 
結論
・上塗膜厚が10μm程度の薄膜塗装の場合は特に問題はないが、それ以上の圧膜塗装では上塗膜厚が厚くなるほど密着性は悪くなる。このことは2種類の上塗塗料に共通して云えることである。
・はがれはディスゴ塗膜層 (ベース層) の凝集破壊によるものである。
・ディスゴ処理の2種類の仕様を比較した場合は、仕様(2)重防仕様の方が良い結果である。
・結論としてディスゴ処理面に他の塗料を塗り重ねることは避けなければならない。

 

 



資料提供元
株式会社日本ラスパート
電話番号
072-432-8711
ファックス番号
072-432-2860
URL
代理店


※上述の資料はあくまで参考です※
すべての条件や環境で直接利用できるものではございません。
あくまで参考にしていただく程度のものとお考えください。
資料に関してのご質問等はお受けいたしておりません。
万が一、問題が発生致しましても当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承下さい。
現在ご覧のページは資料提供元メーカ様の資料を元に作成しております。
十分に注意して作成しておりますが、万が一、誤字・脱字・その他間違い等を見つけられましたら、
品質向上に向けて都度修正を行ってゆきたい所存ですので、大変お手数ではございますが
お問い合せにてご報告を頂けましたら幸いです。

おすすめ ネジ・締結部品

前へ
         
次へ
情報量拡大・品質向上に向けて只今簡単なアンケートを実施しております。
ご協力をお願い致します。    アンケート結果を見る
■Q1.当サイトの資料は
役に立った 役に立たなかった
■Q2.今後当サイトが有料登録制になった場合
小額であれば利用したい
月額 円以内
利用したくない
■ねじに関連する資料で今後追加を希望する資料がありましたらご記入ください。