株式会社山辺ホームページ
山辺デジタルパーツプラットフォーム
ねじの技術資料内からキーワードで検索
トップページ  >  ねじとトルク  >  ねじとトルクの関係式

ねじとトルクの関係式

■ ねじとトルクの関係式
    ねじの公式         
Ff
{
d2
(
μ
+
tanβ
)
μn
dn
}
÷
1000(N・m)



2
cosα

2

:締め付けトルク ---
N・m
Ff
:軸力 ------------
N
d2
:有効径 ----------
dn
:座部有効径 ------
μ
:ねじ部摩擦係数 ---
※1参照
μn
:座部摩擦係数 ----
※1参照
α
:ねじ山の半角 ----
ISOねじ30°
β
:リード角 ---------
tanβ
例)M8 Ff=8000Nになる締め付けトルクは
d2=7.188mm
dn1=11.96mm(1種ナット)
      tanβ=0.0554
※1   μ=μn=0.15 α=30°

T=8000
{
7.188
(

0.15

+
0.0554
)
+
0.15
(
11.96
)
}
÷1000



2
cos30°
2

13.75N・m
関係図
 
詳細図
関係図 詳細図
 
 
■ 座部有効径の公式(dn1、dn)
 
a.六角座部(1種ナット、ボルト)
詳細図 六角座部(1種ナット、ボルト)
dn1
0.608B3−0.524dH3

0.866B2−0.785dH2
B:六角対辺/mm
dH:座部内径 /mm
b.円形座部(2、3種ナット)
詳細図 円形座部(2,3種ナット)
dn
2
D3−dH3


3
D2−dH2
D:座部外径/mm
dH:座部内径 /mm
T=K・d・Ff 
 
または
 
Ff
T
K:トルク係数(※1より)
d:ねじの呼び径(cm)

K・d
例)M20のねじをT=400N・mで締めた時の軸力
 

d=20mm

  K=0.2
 
  Ff
400×103
100000N

0.2×20
 
■ トルク係数の公式
K
1
d2

μ

+
tanβ
)
+
μn・dn
  d'は、ねじの呼び径(mm表示)


2d'
cosα
 
※1トルク係数と摩擦係数
潤滑
トルク係数 K
最小〜平均〜最大
摩擦係数μ(=μn)
最小〜平均〜最大
一般機械用樹脂
    〔スピンドル油、マシン油、タービン油、シリンダー油〕
0.14〜0.20〜0.26 0.10〜0.15〜0.20
低摩擦用樹脂
    〔二酸化モリブデン、ワックス系油脂〕
0.10〜0.15〜0.20 0.067〜0.10〜0.14
注:本表の数値は、一般的なねじ継ぎ手についての値であり、特殊条件の場合は、この限りではありません。
  min、maxはバラツキ巾(±3σ)を意味します。
  条件(潤滑油、形状等)が限定すればバラツキ巾は小さくなります。


※上述の資料はあくまで参考です※
万が一、問題が発生致しましても当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承下さい。
当サイトの資料にて間違い等を見つけられましたら、品質向上に向けて都度修正を行ってゆきたい所存ですので
大変お手数ではございますがお問い合せにてご報告を頂けましたら幸いです。

おすすめ ネジ・締結部品

前へ
         
次へ
情報量拡大・品質向上に向けて只今簡単なアンケートを実施しております。
ご協力をお願い致します。    アンケート結果を見る
■Q1.当サイトの資料は
役に立った 役に立たなかった
■Q2.今後当サイトが有料登録制になった場合
小額であれば利用したい
月額 円以内
利用したくない
■ねじに関連する資料で今後追加を希望する資料がありましたらご記入ください。